都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

全国のマンション数は600万戸超。毎年10万戸前後の新築物件が生まれる巨大市場だが、それがついに「暴落劇」に襲われ出した。しかも、発火点はなんと都内の「中枢」。これはただごとではない。 駅近物件でもダメ 成城、三軒茶屋など、「住みたい街ランキング」で上位にランクインする街を多く抱える世田谷区。不動産業界では「世田谷は鉄板」「作れば売れるエリア」というのが常識...
Good
74%
Bad
26%
Good:18人(67%) Bad:9人(33%)
Good:28人(80%) Bad:7人(20%)
10代: Good:0人(0%)/ Bad:0人(0%)/
20代: Good:7人(54%)/ Bad:6人(46%)/
30代: Good:20人(83%)/ Bad:4人(17%)/
40代: Good:14人(82%)/ Bad:3人(18%)/
50代: Good:4人(57%)/ Bad:3人(43%)/
60代: Good:1人(100%)/ Bad:0人(0%)/
70代以上: Good:0人(0%)/ Bad:0人(0%)/

Goodと回答した人のコメント

男 | 40代
物件価格が下がって買いやすくなること自体は、購入する側にしてみればとてもありがたいと思うから。
男 | 60代
マンション価格の暴落が始まったことについて、原因を分かりやすく興味深く説明してある。地域別の詳細な説明も興味深い。
女 | 30代
新築マンションの広告ばかり見るのに、実際は少子化の影響などもあって空き物件が増えているのだとか。タワーマンションなどは修繕費積み立てなども高いと聞くし、地方は過疎化しているのに、一挙集中しすぎなのが問題なのかもしれません。
女 | 30代
都内のマンション販売の現状が伝わり、続きを読みたくなる記事だと思います。
男 | 40代
最近都心部に高層マンションがたくさん建っていてそんなに需要があるのかなと思っていましたがやっぱりこういうことがあったんだと思いました。
男 | 50代
湾岸エリアのタワーマンションはたしかに厳しいでしょうね。そもそも海外では高層マンションなんて低所得者の巣窟ですからね。
男 | 20代
見出しがはっきりしているため非常に読みやすいです。そのため何が言いたいかスムーズに頭に入ってきます。
女 | 30代
マンション販売の現状が良く分かる記事でした。どの業界にもバブルってあるんですね。確かに最近のマンション価格の高騰には驚いていました。これからどうなっていくのか、注意深く見守りたいと思います。
女 | 30代
デベロッパーに勤めているので、この状況下で更に負債を増やそうとしている住宅開発担当部署にもっと現実を突き付けてやってほしい。
女 | 30代
地方民だとこのようなニュースはあまり耳にしませんし現状も目にしないので東京だけが景気が良くなっているのかと思っていましたがこのような現象もあるのだと思いながら読ませていただきました
男 | 50代
巣みたいエリアの価格帯が下がるのは、購入候補に挙がるので是非検討してみたい。
女 | 30代
数年以内にはマンション購入を検討したいので参考になりました。
男 | 20代
都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出がbadでした 要注意エリアもbadでした
男 | 40代
買う側にとって価格が下がるのは朗報です。もっと下がっても良いです。
女 | 20代
文字の色を変えたり、図を入れていたり、テーマごとに見出しがついていてとても見やすい記事だったと思います。
女 | 30代
複数のジャーナリスト等の実名が出ており、信頼できる情報なのかなと思える記事でいいと思う。
女 | 30代
東京都のマンションの大暴落がわかり、よい記事だとおもいます。世田谷だけでなく、湾岸エリアについても書かれていて詳しい記事だと思いました。
男 | 40代
日本の経済が盛り上がらない状況で、実際に世田谷区に新築マンションが増加しているのを見ていて、やはりという感想はあります。
男 | 50代
文章がわかりやすく簡単に書いてあるので、マンション購入を考えていない私にも、現状がどうなのか理解できました。
女 | 40代
購入する側としては、人気エリアのマンションが安くなるのはうれしいです。
男 | 30代
東京は再開発という名の下に住居用の建築物も、近年数多く作られており、そしてよく売れていたようです。記事ではそんな購入の中で、住む目的で購入してない人が一定層いることを指摘して「バブル」と表現しているので、的確な記事だと思いました。
女 | 40代
都内の不動産は人気があり、物件数も少ないと思っていたので意外でした。記事は丁寧で詳しく書かれていたので好感が持てたし勉強になりました。
男 | 40代
「マンションが売れなくなってきた理由のひとつは、価格が異常高騰しすぎたから」だそうですが、異常高騰した値段が適正価格に戻ってくる(戻ってきた)のではないかと思います。
女 | 40代
今まで知らなかったニュースにビックリしています。このような現状をもっと知りたいと思いました。やはり価格が高いことが原因なのでしょうか、現実性の高い良いニュースだと思いました。
男 | 20代
マンションに関する知識を得ることができたという点です。全くの無知だった私にとっては、有意義な内容でした。
女 | 30代
人気地域といわれる地域で、マンション価格が高騰しているのは知っていたが、売れ残っていることを知らなかった。近所にもマンションがどんどん建築されているが、確かに空きがみられる。 不動産投資を考えている人がこの記事を読んだら、躊躇するのだろうか?投資を考える人はその先を見るから、そんなことはないのだろうか?
男 | 30代
不動産事情というのは景気の指標になるため興味はありますが、実際に販売価格の推移等を自分で調べることまではしないので記事にしていただけると助かります。 ただ、地方在住の一庶民としては投資目的や相続対策に都内のマンションを買うなど全く違う世界の出来事なので、あまり参考にはなりませんでした。
女 | 20代
将来的にマンションの購入も検討していますが、売れなくて苦しい状況のマンションがたくさんあることを知ることができました。
男 | 40代
都心マンションの販売状況は景気のバロメーターの1つです。現在の状況が知れて非常にためになりました。できればこのような高額商品を買うためのお金を誰が持っているのかなど、少子高齢化問題まで絡めても良かったのかもとも思いました。
女 | 50代
全く知ることがなかった記事の内容で衝撃的でした。富裕層の人の購入減や投資目的の購入が減るとなし崩し的にこういう現象が起きるのは怖いと思いました。
女 | 40代
所得が減っているので当然と言えば当然。暴落したところで底値だと思うにしても、それを入手するほどのお金もない。世間が欲しがっているサービスニーズに合ってない。
女 | 30代
勢いのある文章が読みやすかった。小見出しにより内容にも興味がそそられた。
男 | 30代
分譲マンションの価格が暴落していくのは、人口の減少に伴うことが予測で来ていたので当然だと思いました。
女 | 30代
今までが異常なほど高かったのだから、少しくらい安くなるのならいいと思います。
女 | 20代
一部ではあるが空き家問題の一端を垣間見ることができた。日本人が好きな新品なのに売れないのは相当だ。このことを考えさせてくれたからgood。
女 | 40代
都心のマンション大暴落、バブルの記事を読んで、近くの駅の周囲に近年沢山マンションが建っているのを見て、近い将来どうなるんだろうと心配になりました。分かりやすい記事内容でした。
男 | 30代
マンション購入を考えておりましたので、価格交渉する余地がある事を知る事が出来た。
男 | 30代
都内の中核『世田谷』そして海岸エリアの『豊洲』。これら人気スポットの新築中古マンション物件問わず価格調整しざるを得ないほど深刻な状況なのはとてもよく理解出来ました。
女 | 40代
いずれは購入をと考えている人達にとっては,今が買い時と言うことなのでは?
女 | 20代
日本全国空き家が多いとニュースになってるぐらいだから、確かにマンションも空室が多くなるだろうとは思う。 その割に建築会社は次々と新しいマンションを建設するわけだから、売れ残りはもちろん出ますよね。 ただのマンションではなく、子育てや介護に特化したマンションの方を増やすべきだと思う。
女 | 40代
この地域でこれから不動産を購入したい方にはGoodですが、すでに所有していて売却したい方にはBadですね。
女 | 30代
地方に住む人間にとっては都心のマンション事情というのは生活からかけ離れた問題です。でもこうした記事を読むことで日本の抱える問題点が浮き彫りになってわかるのでGOODです。
女 | 40代
具体的な金額や地名が多く挙げられていて, わかりやすく読みやすい.
女 | 30代
都心に住んでいて、とても身近な内容だったので興味を持って読めました。なるほど、やっぱりと共感できる点も多く、不快感なく読めました。
女 | 30代
マンションが欲しい人には考えさせられる記事になっているから。 マンションが売れ残っていることに驚いた。
女 | 30代
少し難しいな、と思いましたが、読んでいると読み続けていたくなるような うんうんとうなずけるような楽しい記事でした。

Badと回答した人のコメント

女 | 20代
売れ残っている現状だけを伝えており、なぜ売れ残っているのかを説明していないからです。
女 | 40代
具体的にエリアを上げて新築マンション販売の現況を伝えていたのはわかりやすかったですが、今後の予測や戸建てはどうなのか等も入れてくれると良かったです。
男 | 40代
>成城、三軒茶屋など、「住みたい街ランキング」で上位にランクインする街を多く抱える世田谷区。不動産業界では「世田谷は鉄板」「作れば売れるエリア」というのが常識だったが、ここに大異変が起きている。 >世田谷のマンション市場でまったく新しい「売れ残り現象」が発生し、マンション業者たちが悲鳴を上げ始めたのだ。 そんなことは無い。
男 | 20代
不動産バブルの状態になっていたことは明らかであったのに、土地開発を続け結果として大暴落をしているのをみると馬鹿じゃないかと思っていしまいます。
男 | 20代
一部のマンションの価値が大暴落しているということは、需要のある地域などの他の地域では価値が上がっている可能性が高いということである。消費者にとっては住む場所の選択肢が減ってしまいかねないという点でBadである。
女 | 30代
売れ残りという事はお金が動いていないという事だから。新しく作っても売れなければ、経済は回らないと思う。
男 | 40代
暴落、売れ残りでは資産価値が落ちてどう考えてもいい話ではありません。
女 | 20代
日本経済の減衰をすすめてしまうと思う。また、高級住宅街のマンション価格が下がり、中収入層が高級住宅街へ進出することで治安の悪化のおそれもあると思う。
男 | 30代
大手デベロッパーが手掛けている都心部のマンションでも危ないというのが衝撃的でした。 不動産経済研究所のデータをもとに作成されたグラフが説得力があります。
女 | 20代
ニュースとしてみれば、都心でマンションが売れなくなってきてる理由を簡潔に伝えている記事だといえる。だが、それによって世間にどのような影響が出てくるのかということについては全く言及されていない。もう少し深く掘り下げた情報がほしいと感じた。
男 | 50代
マンション販売に関しての情報はどこまで信用していいのかわからない。実際に売れ残った物件をたたき売りして当初購入者との金額に大きく開きがでて騒動になったと記憶している。今回もそのような事態になりかねないと感じる。
男 | 30代
販売価格暴落のグラフがあるが、元の金額にもよるのですべてのマンションなのか一部の価格帯のマンションなのか分からない。 価格ベースなら、高価格帯の下落が激しいと割合が大きく変わるので、例えば億ション以下のマンションが下がってなくても下がったように見えるので誤解を与える可能性がある。
男 | 20代
地方に住んでいるため、都心のマンション価値が暴落しようが自分にはあまり関係のない話なので、関心が持てない
女 | 30代
不安を煽るような、少し誇張している気がする。複数の視点で論じるべきだ。
女 | 50代
 東京の方がゴーストタウン化してしまうのではと感じるとともに、民泊施設に鞍替えという感じになりそうで不安を感じました。
男 | 50代
高騰し過ぎていた価格が適正に戻るのは良いと思いますが、急激な暴落や連鎖反応などの不安定な動きは望ましくないと思います。
都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

都心でマンション「大暴落」、売れ残り続出…要注意エリアはここだ!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

全国のマンション数は600万戸超。毎年10万戸前後の新築物件が生まれる巨大市場だが、それがついに「暴落劇」に襲われ出した。しかも、発火点はなんと都内の「中枢」。これはただごとではない。 駅近物件でもダメ 成城、三軒茶屋など、「住みたい街ランキング」で上位にランクインする街を多く抱える世田谷区。不動産業界では「世田谷は鉄板」「作れば売れるエリア」というのが常識...
・上記の「記事を確認する」ボタンをクリックして、記事を斜め読みしてからご回答ください。

このニュースはGoodですか?Badですか?

どういうポイントがGoodまたはBadでしたか?この記事へのあなたの感想を書いてください。

30文字以上でお答えください。

あなたはこの記事に詳しいほうですか?

性別を教えてください。

年代を教えてください。

ユーザーネームを教えてください。

ランサーズのユーザーネームをご記入ください。(半角英数字のもの・任意)
アンケート結果には表示されません。
PAGE TOP